HOME>特集>雨漏りが発生した場合一体どれぐらいのお金がかかるのか

小さな穴ならばそれほどかからない

雨漏りが発生した場合には、雨漏り修理が必要ですがその症状によって随分と料金が異なります。例えば小さな穴しかない場合には、そこまでお金がかかりません。どのような原因で小さな穴ができるかと言えば、屋根のスレート等がずれてしまっている場合です。屋根のスレートがずれていると、その建物に隙間ができてしまい、そこから雨漏りが発生する仕組みです。これを解決するためには、単純にスレートをもとに戻せば良いだけです。同じく屋根瓦の場合も同様で、屋根瓦を戻すことで問題が解決することがほとんどです。費用は20,000円位で足ります。ただし、防水の部分に劣化が生じている場合には、取り替える必要がありますのでもう少しお金がかかります。

防水工事が必要になる場合はどうか

雨漏り修理で防水工事が必要になる場合といっても、屋根全般的に防水の部分が劣化している場合はいちど取り替えなければいけません。その場合には、屋根全体を取り替えるため40万円位のお金がかかると考えておいた方が良いでしょう。

スレートが劣化している場合

雨漏りの原因は、スレート屋根瓦が劣化している場合があります。これは築20年以上の住宅に現れる現象の1つです。この場合には、外壁塗装をすることにより防ぐことができますが、全体的な劣化が激しければ交換しなければいけません。このときの雨漏り修理の費用の目安は、およそ40万円ほどになります。

広告募集中